ローリスクなFXサヤ取り投資法

 FXでローリスクなサヤ取りを行う為の検証を行いますスワップレートは業者間で異なる数字が提示されているのをご存知ですか?豪州ドルを見てみると現在、DMM FX がロング・ショート共に65円ヒロセ通商がショート-95円・ロング85円で提示されています。(2014/12/6現在) 同じ通貨なのにこれ程までに異なるスワップレート。これを利用しなければ勿体ないですよね。

 やる事は簡単です。DMM FXで、豪州ドルを売りヒロセ通商で、豪州ドルを買えば良いのです。 これだけで業者間のスワップ差、1日1単位につき25円が発生する事になり、1年間で9,125円もの収益を発生させる事が出来ます。

 仮に両方の口座に10万円、計20万円を証拠金として使用したとすると、 得られる利回りは年率5%近くなります。

 さらに休日により、1日でスワップポイントが3日分つく日がFX会社により異なっており、スワップポイントが多くつく会社で買い、スワップポイントが少なくつく会社で売るという方法で、利益を得る投資方法もあります。ヒロセ通商は他の会社と異なっていることが多いので、お勧めです。

 注意する事はマイナスになった方のポジションが途中でロスカットされないように定期的に管理しておくことだけです。 しかし、口座に10万円入っていると言う事は一瞬で8円以上変動しなければロスカットラインまで到達しません。また、仮にロスカットされたとしてもあくまでも両建てですから、逆のポジションがプラスです。価格変動による影響はカットされた時点では発生していない事になります。まさにローリスクでミドルリターンな投資法と言えるでしょう。

業者間スワップアービトラージが可能なFX会社一覧 ※金利は12月17日現在

【ショートポジション可能な低スワップ会社】
 ・DMM FX
 ・FXプライム

【ロングポジション可能な高スワップ会社】
 ヒロセ通商
 ・FXブロードネット
 ・アイディーオー証券
 ・外為オンライン

その他サヤ取り
   ⇒  株式のさや取り支援ソフト


   三晃証券ディーラー募集